ホワイトニング

ホワイトニングとは

ホワイトニングとは、ブリーチングとも呼ばれますが、歯の表面に付着した色素のみを落とすのでなく、歯自体を安全な薬剤の力で白く(漂白)していくものです。
例えばシャツを洗濯した場合、汚れは落ちますが(クリーニング)、もっと白くするには漂白が必要なように白い歯をご希望の場合にはホワイトニングが適しております。

ホワイトニング

当院のホワイトニング

ホワイトニングは、ご自身の歯の色調が暗く悩んでいる方におすすめです。
当院では治療期間の短いオフィスホワイトニングを行っております。
また必ず治療前と後の写真を撮り、その結果どれだけ白くなったのかを客観的に判断していただきます。

オフィスホワイトニング

院内で行うホワイトニングで、治療期間が短いのが特徴です。
ホワイトニング用薬剤(過酸化水素)を歯の表面に塗り、専用の光照射器で漂白の化学反応を促進します。

ホワイトニングのメリット・デメリットについて

ホワイトニングのメリット

・健康な歯を削る必要が無い。
・歯の白さをご要望に応じて、その都度調節することが出来きる。
・比較的短い期間で歯を白く出来る。
・セラミック等を使用する審美歯科治療に比べ、治療費が安い。

ホワイトニングのデメリット

・完全に元の色に戻ってしまうわけではないのですが、ワインやコーヒーなどを頻繁に摂取することによって、後戻りする。
ただ髪の毛を好きな色に染めても、時間が経つと元の色に戻ってしまうように、ホワイトニングも歯の色が気になりだしたら、再度受診することによって、白さを持続する事が出来ます。

ホワイトニング後の白さを保つには

まずはタバコ、コーヒー、お茶、ワインなどの歯を着色する食物などを出来る限り摂らないことが大切です。
そして、歯の黄ばみの原因は、着色だけでなく加齢により色調が濃くなることや遺伝的な本来の歯の色に戻ろうとすることなども原因となっているので、半年~1年に1度くらいの頻度で後戻り防止のためのホワイトニングをお勧めします。

ホワイトニング・よくある質問

- ホワイトニングは安全ですか?
- ホワイトニングは、アメリカでは約20年前から行われており、各大学の研究でもその安全性は確立されています。 ホワイトニングは、エナメル質内の有機物の着色を酸化還元します。 そのため、歯質を痛めず、安全に白くすることができます。

- ホワイトニングができない場合はどのようなケースですか?
- ホワイトニングが対象となるのはおおむね15歳以上の方で、妊娠中でない方が対象です。
また、大きな虫歯があったり、知覚過敏のある方、及び歯周病のひどい方はできないことがあります。

- ホワイトニングで白さの調整は可能ですか?
- ホワイトニングを行うことにより得られる白さの程度には個人差があり、予測するのは困難ですが、当院のホワイトニングでは、その効果を確認しながら処置を進めます。

- ホワイトニングの際に痛みはありますか?
- ホワイトニングは、歯質を痛めるものではありませんが、知覚過敏、歯肉の痛み、歯の痛み等を生じることがあります。
しかし、これらの大部分は一時的なもので、通常は数日間で治癒します。
すでに、知覚過敏の傾向がある場合、ホワイトニングを行うことでさらに症状が悪化することがあります。

- ホワイトニング後の歯の白さはどのくらい持続しますか?
- 食生活や嗜好品及びハミガキの状況により、個人差があります。
たばこ、コーヒー、紅茶、赤ワイン、カレーなどは歯の着色を早めます。
歯科医院で定期的(3~6ヶ月毎)なトゥースクリーニングをしていれば、ある程度の白さを維持できます。
さらに6ヶ月~1年毎にホワイトニングを行えば、ホワイトニング直後の白さをさらに長期間キープすることができます。
A-ONE歯科クリニック

A-ONE歯科クリニック
中野審美・インプラントセンター

クリニック詳細

〒164-0002
東京都中野区上高田2-57-3
西武新宿線「新井薬師前」駅徒歩5分

TEL:03-5345-6503
FAX:03-5345-6504


携帯サイトはこちら
大きな地図で見る